XSR900、TRACER900 GT、MT-09、MT-09 SPに関するリコールについて

リコール届出番号5329リコール開始日令和5年6月7日
不具合の部位(部品名)電気配線(メインハーネス)
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因メインハーネスにおいて、02センサの配線に接続するコネクタの防水構造が不適切なため、雨天走行等でコネクタに溜まった水が、原動機を停止した際など02センサが冷えることにより、当該コネクタ内部に吸い込まれ、端子が短絡することがある。そのため、エンジン警告灯が点灯し、そのまま使用を続けると、排出ガスが基準値を満足しなくなるおそれがある。
改善措置の内容全車両、メインハーネスと02センサのコネクタ内の端子を点検し、錆が認められないものは、防水カバーを取付けてテープで固定する。錆が認められるものは、メインハーネスを対策品と交換するとともに02センサを新品と交換する。
車名型式通称名リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間リコール対象車の台数備考
ヤマハ8BL-RN80J「XSR900」RN80J-000301~RN80J-002182
令和4年5月13日~令和5年4月28日
1,856台
8BL-RN70J「TRACER900 GT」RN70J-000301~RN70J-002120
令和3年3月9日~令和5年4月26日
1,694台類別0020
8BL-RN69J「MT-09 」
「MT-09 SP」
RN69J-000301~RN69J-002613
令和3年2月10日~令和5年4月11日
2,209台
(計3型式)(計4車種)(製作期間の全体の範囲)
令和3年2月10日~令和5年4月28日
(計5,759台)

ご迷惑をお掛けしますが、該当車種にお乗りのお客様は、リコール対応のご協力をお願い致します。